脱毛 ポイント

脱毛するときのポイント!

自宅で脱毛をする時、気をつけるポイントって色々ありますよね。
出来るだけ、肌を傷つけずに綺麗に剃るのは中々難しいです。

 

どんな方法を使っても脱毛は自体は肌によくないものなので、出来るだけ負担は少ないほうがいいですよね。
自宅で行う脱毛で、肌に負担をかけずに行うためのポイントは大きく4つあります。

 

 

1つめは、清潔な状態で脱毛すること。

お風呂場などは、意外と雑菌が多く剃った時に出来る傷口から雑菌が入ってきてしまうことがあります。

 

使う剃刀等も出来るだけ新しいものを毎回使うことで清潔に脱毛をすることができます。

 

 

2つめに、温めてから脱毛すること

ムダ毛は暖かくすることで柔らかくなり、剃りやすくなります。

 

なので、入浴後等。適度に温まってから脱毛すると綺麗に処理することができます。

 

 

3つめに、処理後のケアを徹底すること。

脱毛後、開いた毛穴を冷やし、手持ちの化粧水等でケアします。

 

こうしたケアをすることで、肌トラブルを防ぐことができ肌荒れ等も少なくなります。

 

 

4つめに、生理期間中に脱毛しないこと。

女性の整理期間は肌の状態もあまりよくなく、肌荒れを引き起こしやすくなります。

 

なので、出来るだけこの時期は脱毛を控えるのがいいかと思います。

 

 

自宅での処理は、基本的に見える範囲の表面上のムダ毛しか処理ができないため、数日ですぐ生えてきてしまうものです。
ですから、毎回行う脱毛時に上記のポイントに注意して肌トラブルが起きないよう素敵な夏をお過ごしください。

 

洗顔についてよく見られているサイト・・・どろあわわの効果的な使い方

 

毛を抜く脱毛はお肌によくない?

ムダ毛を処理するには様々な方法がありますが、毛抜きを使ってムダ毛を「抜く」という方法は皮膚にダメージを与え、肌トラブルを引き起こす確率が最も高いと言われています。
たしかにお金もかからず即効性もある方法ではあるのですが、ムダ毛を抜いてる途中で切れてしまうことが多々あり、毛根を無理やりひっぱることで皮膚に強い刺激がかかってしまうのです。
この方法も、毛根自体を直接処理できるわけではないので、抜いても必ずまたムダ毛は生えてきてしまいます。
それを抜いて、また生えて、抜いてを繰り返すことで毛穴が広がり、肌荒れを引き起こす等悪循環を繰り返します。

 

しかも、開いた毛穴は中々元には戻らないので毛穴が目立ってしまいます・・・。
それから、毛を抜くことで埋没毛や毛嚢炎と呼ばれる非常に厄介な炎症を引き起こし易くなります。

 

これは、脱毛中に途中で切れてしまった毛が表面に出て来れず、皮膚の下で成長してしまうという症状で
これが悪化すると色素沈着も引き起こしてしまうことがあり、こうなってしまうと病院に行ってレーザーなどの治療をうけないと治らないことがほとんどです。

 

抜いている最中は毛を引っこ抜いているわけですので当然痛みが強く、時間もかかるというデメリットばかり。
たしかに手軽さはありますが「抜く」方法はこれほどまでにお肌に悪影響を引き起こす原因を作ってしまうので、できれば行わないことをおすすめします。

 

ワキの脱毛でワキガがなくなる?

脇の脱毛をするとワキガがなくなると言う話があります。
ワキガとは、体臭などとは違い独特な匂いが脇から発生する症状で、病気というわけではありませんが意外とコンプレックスを持ってしまうことが多いものです。
ではその話は本当なのでしょうか。

 

実は、脇の脱毛をしてもワキガ自体は治らないと言われています。
ワキガは脇付近に存在するアポクリン腺という分泌腺から発生するものですので、これに直接何かをしないと臭い自体はなくなりません。

 

ですが、脇の脱毛をすることでその症状はかなり軽減され、大抵の人はほとんど気にならなくなります。
夏場、脇毛は非常に蒸れやすく、汗をかきやすいので雑菌が多く発生する原因になります。

 

今の時代、脇の脱毛は女性のエチケットにもなりつつありますがそのついでにワキガが治るなんて一石二鳥だと思いませんか。
そもそも脇毛はこのワキガの臭いを保つために存在するらしく、それが無くなればその臭いが減るのは当然です。

 

ワキガと脇毛は非常に密接な関係がありますが、正直どちらもあまり必要ではないですよね。
エステ等で脇の脱毛をする際に、最初のカウンセリングで相談することでワキガのケアも同時にしてくれるところも多いのでその機会に相談してみるのも手かもしれません。